大人ニキビについて考えてみましょう

大人ニキビについて考えてみましょう

大人ニキビ、時々出来たりしますか?

出来た時はその日から気分が下がりますよね。こんな気分にならないためにも対策を学びましょう。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは、おもに20歳を過ぎてからできるニキビのことを言います。思春期のニキビは、額や鼻筋など皮脂の分泌がさかんなTゾーン部位に多くみられますが、大人ニキビは頬やあご、首などのフェイスラインにできやすいのが特徴です。

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、発生しやすい部位だけではありません。

思春期ニキビはいわゆる生理的なニキビであり、大抵は3〜4年経てばなくなります。

一方の大人ニキビは発生する原因が複雑で、ライフスタイルにも深く関係していると考えられています。そのため、症状を繰り返すことがあります。また、つい無意識にニキビをさわって跡が残ってしまうケースもあります。

大人ニキビの原因

大人ニキビが発生する原因としては、次のようなものがあげられます。

・不規則な生活 ・睡眠不足 ・食生活の乱れ・過労・ストレス・肌の乾燥があります。

また、ホルモンも大人ニキビを引き起こす原因です。

ホルモンのバランスは、過労や不規則な生活、偏った食生活などさまざまな要因で乱れてしまいます。その影響で体の体内のバランスが崩れ、肌の生まれ変わりのリズムも乱れてニキビができやすくなってしまいます。

さらに、肌の乾燥によるバリア機能の低下が、ニキビの要因となることもあります。古い角質がスムーズにターンオーバー出来ず、分厚くなって毛穴をふさいでしまい、大人ニキビができてしまうのです。

大人ニキビの種類

大人ニキビの種類

大人ニキビは、症状によって次のような種類に分けられます。悪化を防ぐためには、白ニキビの段階で早めにアプローチすることが大切です。

・白ニキビ

皮脂や老廃物が詰まって盛り上がったものは白色面疱とも呼ばれ、白ニキビと呼ばれています。

・黒ニキビ

先端が黒くなったニキビです。皮膚表面に顔をのぞかせた面疱の中身が酸化して黒くなります。

・赤ニキビ

白ニキビが悪化して炎症を起こしたものです。赤く目立ちやすく、治りにくいのが特徴です。

・黄ニキビ

ニキビが化膿して、黄色い膿(うみ)がたまったものです。

・紫ニキビ

炎症が起こった後、まわりの組織が破壊され、それを修復するために血管が新たに増生されたり、ニキビの炎症により瘢痕組織ができたりして赤紫にみえるものです。俗に紫ニキビといわれることがあります。

大人ニキビの対策

・十分な睡眠をとる

睡眠はニキビの悪化に関係すると言われています。皮膚の細胞は夜寝ているあいだに修復・再生されるため、質のよい睡眠をとるようにしましょう。

・食生活を見直す

無理なダイエットで栄養が不足していたり、栄養バランスが偏って便通に影響したりすると、大人ニキビの発生や悪化につながってしまいます。

健やかな肌を育てるためにも、栄養バランスのとれた食事を取りましょう。

・ストレスをためない

ストレス自体が皮膚の免疫力を低下させ、ニキビを炎症させたり、皮膚の再生力が低下したりします。気分転換し、ストレスと上手に付き合いましょう。

・洗顔の見直し

肌の乾燥も要因の一つとなるため、洗い過ぎには注意しましょう。洗顔を基本として、肌をこすって刺激を与えないようにやさしく洗うことが大事です。

洗顔後は、肌のバリア機能を保つために、丁寧に保湿ケアを行いうるおいを補給します。

まとめ

なかなかなおりにくい頑固な大人ニキビですが、まずは出来てしまっても触れない事が大事です。ついつい気になって触ってしまって潰してしまい悪化してしまうこともあります。まずは自分の生活を見直し、ストレスが溜まっていたら休息し、保湿ケアも忘れず素敵な肌を保ちましょう。

関連記事

miwa

コメントは受け付けていません。
Copyright © 裏切り行為から卒業しよう!不倫や浮気から抜け出せない人の心理、行動について, All rights reserved.